ご来院にあたってのお願い

動物病院は様々な動物たちが出入りします。人も十人十色と申します。動物たちもそれぞれです。

私たちは、できる限り動物たちの気持ちに寄り添い、不安も受け止めながら診療に取り組んでいきたいと考えております。お互いに思いやりの気持ちを持って、気持ち良くご利用いただけるよう、ご協力をお願いいたします。

犬はキャリーケースに入れるか、必ずリードつけてください。

動物たちの性格は様々です。他の動物たちとは適度に距離をあけて、お互いに落ち着いて過ごせるようにご配慮ください。また、リードは短めに持っていただくよう、お願いいたします。

予防健診等でご来院の際は、ご褒美(一口で食べられるおやつ等)などご持参いただいてもかまいません。

猫は、洗濯ネットか専用のキャリーケースに入れてご来院ください。

猫はちょっとしたきっかけでびっくりしてパニック状態になることがあります。いつもと違う環境です。思いがけない事態に慌てないよう、ご注意ください。

猫用キャリーケースは、上部が開閉できるものが出し入れしやすくお勧めです。バスタオルやハーフケットなど1枚ご用意いただくと、待合室等でお待ちいただく時にキャリーケースの上からかけてあげたり(視界を制限して多少落ち着ける環境をつくる)、診察台に敷いてあげたり(慣れ親しんだ感触、匂いで少しでも落ち着いて診察がうけれるように)することができます。

ご来院の前に、もう一度ご確認ください。

  • 動物の症状など把握している方がご一緒にご来院ください。動物達は自分でどこが悪いのか話すことができません。飼い主様からのお話が最初の手がかりとなります。間接的なお話だと十分に状況が把握的ない場合も考えられます。
  • ご来院前に必ずお電話ください。当院はお電話で先に順番を取ってからご来院いただいております。お電話いただいた順番で、だいたいのお時間ををお伝えしますので、それを目安にご来院ください。『平日は電話で順番取り』です。ただし『日曜日のみ時間予約』ができます。ご希望の方はあらかじめお電話でご予約ください。
  • はじめてご来院いただく場合、問診票にご記入いただきカルテをおこしてから診察となります。ホームページから問診票の印刷ができますのでご自宅で印刷の上、ご記入いただきお持ちいただくと多少時間短縮になりますので、おすすめです。
  • 待合室ではなく車内でお待ちいただく場合は、先に受付をすませ、その旨スタッフにお伝えください。診察の順番がきましたら、お知らせします。
  • 他の犬が苦手など、ご来院にあたって不安な点があれば、事前にご相談ください。