当院のワクチン接種プログラムについて

この度当院では、WSAVA(世界小動物獣医師会)のガイドラインに基づいて、混合ワクチンの接種方法を見直すことといたしました。

これまで、一律1年毎の追加接種をおこなってまいりましたが、今後は、生活環境、健康状態、年齢、接種するワクチンの種類などを考慮し、追加接種の間隔を提案します。

子犬、子猫の時期に2〜3回ワクチン接種し、1年後に追加接種を1回実施するところまでは、これまでと同じですが、それ以降はワクチンの種類や生活環境によって、1年毎の追加接種をするか、3年毎の接種とするか、提案させていただきます。


1年後の追加接種後も、1年毎の接種が必要な例

[犬]

川や山に行く。キャンプなどアウトドアでの活動をする。不特定多数の犬と接する機会がある場合、レプトスピラのワクチン接種をお勧めしています。このレストスピラのワクチンは1年毎の接種が必要です。

[猫]

外に出て行くことがある。多頭飼育している。ペットホテルを利用することがある。以上のような環境は、感染リスクの高い環境となり、1年毎の接種が推奨されます。

 

実際に、飼い主様から生活環境などをお聞きし、ご希望を伺いながらワクチンの種類や接種方法を提案させていただきます。抗体価検査をおこなうこともできますので、必要に応じてご相談ください。


ペットホテルやトリミングをご利用されている飼い主様へ

ペットホテルやトリミングショップによっては、1年以内のワクチン接種証明書の提示を義務付けていることがあると思います。その場合は、飼い主様自身でショップ側と話し合って、どのような接種方法を選択するかご検討ください。当院として、ショップ側に対して、なんらかの働きがけをすることはいたしませんので、ご了承ください。

 

*飼い主様のご希望があれば、これまで通り1年毎の接種もおこないます。

*当院でお預かりする場合は、猫は3種以上のワクチンが1年以内に接種されていることが必要です。犬の場合は、5種以上のワクチンがガイドラインに沿って接種されていることが必要です。


狂犬病ワクチン接種について

狂犬病ワクチンについては、狂犬病予防法により毎年接種することが義務づけられています。狂犬病ワクチンは毎年接種してください。