里親募集

「犬や猫と暮らしたい。」

そう思ったとき、ペットショップで購入という選択肢の他に、家族のいないコの里親になるという選択肢があります。

ここでは、当院にご縁のある『保護・里親さがしをされている方』に限定させていただいて、あたらしい家族を待っているコたちを、ご紹介しています。

譲渡条件などは、保護主様によって変わります。当院が、譲渡に関して介入することは、ありませんが、どのコにも幸せになってほしい、お迎えするご家族の方にとっても、よい出会いであってほしいと願っています。どうか、その旨ご理解いただきますようお願い致します。


 

第1回 大口猫の会 ねこふぇす (大口町元気なまちづくり事業)

 〜飼い主のいない猫 カッパちゃん写真展 「のらねこ」から「地域猫」そして「いえねこ」になるまで

  TNR活動費用捻出のためのバザー 各種相談対応

2018年1月27日(土) 13:00〜18:00

       28日(日) 10:00〜18:00

会場:ほほえみプラザ 1F多目的室

後援:NPO法人ねりまねこ

*1月は、通常の譲渡会はお休みです。

くわしくは大口猫の会ブログにて、ご確認ください。


ひすい

 

メス(避妊手術済) 推定年齢1才

2017.10.3. 猫3種混合ワクチン接種

ノミ駆除薬使用済

猫白血病ウイルス(FeLV)抗原(ー)

猫免疫不全ウイルス(FIV)抗体(ー)

体重 4.0kg(2018.1.15.測定)

野良生活をしていたひーちゃん。前足脇に大きな裂傷があり、保護主様の希望もあり避妊手術後そのまま病院で治療生活をしておりました。大きな傷だったため完治まで時間がかかり、そうこうしている間に季節は冬に。毛布にくるまれヌクヌク生活に慣れきったひーちゃん。

保護主様は事情があって室内で飼うことができません。

今更外で生活できるのかっ!?

どう考えても心配です。保護主様と相談の上、新しく迎えてくださるお家を探すことになりました。


野良生活していたコなので、それなりに警戒心はありますが、抱っこしたり、お世話ができる程度には人に慣れています。人との生活をリラックスして受け入れるには少し時間がかかるかもしれませんが、のんびり付き合っていただけたらと思います。

現在健康状態は良好。傷も完治。食欲もあり出されたものは、しっかり完食。(野良でしたので。保護された時は痩せていました。)

今のところ他の猫に対する反応は淡白です。攻撃的でもなく、かといって関心があるようにも見えず。



もともと、TNR(飼い主のいない猫をTrap/捕獲し,Neuter/不妊去勢手術を行い,Return/元の場所に戻す)対象だったため、左耳がカットされています。(手術済を客観的にわかるように。)

譲渡条件ですが、家族の一員としてむかえ、心と体の健康に配慮し最後まで責任をもって飼っていただける方。まだ若いひーちゃんです。15年前後のおつきあいになることを考えてください。

そして、完全室内飼いをしていただける方。家の構造上不安がある場合は、脱走防止用の柵の設置等お願いします。

ストレス等心配される方もいるかもしれませんが、室内環境だけでも、猫の行動特性を理解し行動欲求を満たす工夫はできます。外に出す危険性と天秤にかければ、室内飼いの方が安心で穏やかな一生を過ごせます。ちょっと厳しい条件と感じる方もおられるかと思いますが、ご理解いただける方にお願いしたいと思います。(トライアル期間あり。)

くわしくは、当院までお問い合わせください。


ブリトニー(仮名) 三毛

 

メス(避妊手術済) 推定年齢5〜10才

2016.5.9. 猫3種混合ワクチン接種

ノミ駆除薬使用済

猫白血病ウイルス(FeLV)抗原(ー)

猫免疫不全ウイルス(FIV)抗体(+)

体重 4.1kg(2016.7.16.測定時)

2016年4月、コンビニに駐車中の車に自ら乗り込んできたブリさん。

しっかりアイコンタクトをとりながら、お腹を出してゴロゴロしてみたり、処世術にたけているというか、アピール上手。人間に対しては大変友好的ですが、他の動物に対しては容赦なく排他的。

そのため、先住の動物がいるご家庭には向きません。

また、FIV(俗に猫エイズといわれています。)キャリアです。免疫力が低下して様々な症状を起こす病気ですが、「発症」までの間は、普通に暮らすことができます。

適度に栄養を取り、ストレスの少ない生活をおくることで「発症」を遅らせることができると言われています。猫エイズが人へ感染することはありません。

若くなく、持病持ちというかなり条件の悪いブリさんですが、魅力的なキャラクターの持ち主です。

もろもろの事情をご理解いただき、そのことも一緒にドンと受け止めていただけるご家族がいらっしゃれば、と思います。

ブリさんは、「ねこさと~nyamuzucompany~」

 (地域猫活動や里親募集など動物愛護啓蒙活動をおこなっている団体。)さんが、保護、管理している猫さんです。

 

お問い合わせは

まずは当院までお願いいたします。

 


一時的に病院に居候していたブリさんですが、現在はボランテイアさんに保護されて、新しい家族となっていただける方を待っています。