INFORMATION

9月の臨時休診など

9月23日(土)秋分の日 午前中のみ診察

  24日(日)臨時休診

 

24日(日)は、研究会出席のため臨時休診をいただきます。

23日は祝日のため本来休診日ですが、翌24日(日)に臨時休診をいただくこともあり

今回は臨時的に午前のみ診察いたします。

よろしくお願いします。

 

新しいクレート! 窮屈そうに寝てたので、ひとまわり大きいものに変えました。 へいぞう、うれしい?

ワクチン接種プログラムの見直しについて

この度当院では、WSAVA(世界小動物獣医師会)のガイドラインに基づいて、混合ワクチンの接種方法を見直すことといたしました。

これまで、一律1年毎の追加接種をおこなってまいりましたが、今後は、生活環境、健康状態、年齢、接種するワクチンの種類などを考慮し、追加接種の間隔を提案します。

子犬、子猫の時期に2〜3回ワクチン接種し、1年後に追加接種を1回実施するところまでは、これまでと同じですが、それ以降はワクチンの種類や生活環境によって、1年毎の追加接種をするか、3年毎の接種とするか、提案させていただきます。

抗体価検査にも対応しますので、必要に応じてご相談ください。

ペットホテルやトリミングショップによっては、1年以内のワクチン接種証明書の提示を義務付けていることがあると思います。その場合は、飼い主様自身でショップ側と話し合って、どのような接種方法を選択するかご検討ください。

当院として、ショップ側に対して、なんらかの働きかけをすることはいたしませんので、ご了承ください。

飼い主様のご希望があれば、これまで通り1年毎の接種もおこないます。

 

狂犬病ワクチンについては、狂犬病予防法により毎年接種することが義務づけられています。狂犬病ワクチンは毎年接種してください。

熱中症にご注意ください

湿度と暑さが増してきて、人、動物ともに

なかなかつらい季節となってきています。

ちょうど昨日、スタッフブログでも熱中症についての記事を更新したところでした。

 

実は、昨日だけで熱中症とおもわれる事例が複数件あり、今一度熱中症に関してまとめておこうと思いました。

どうか他人事と思わず一通り目を通していただき、この夏を事故なく過ごせるようちょっと気にかけてください。

 

  • どんなに短時間であっても、車内でのお留守番はさせない。
  • 室内でも熱中症は発生します。状況により冷房なども活用してください。特に閉鎖された空間でのお留守番は場所の移動ができませんので、一度室温が上昇すると逃げ場がありません。室温管理の意識を持ちましょう。
  • 犬のお散歩は、外気温、日差しの強さの他、地面の暑さもチェックして、暑い時間帯のお散歩はやめましょう。特に夕方の地面は1日の熱が蓄積されて、人が考える以上に熱くなっています。老犬や小型犬、短頭犬種などの場合、短時間のお散歩で熱中症になる場合もあります。必ず実際に地面をさわるなどして、温度のチェックをしてください。

また、お水はいつでも飲めるように多めに用意しておきましょう。比較的暑さに強いといわれている猫でも、注意は必要です。

どうか、どうかお気をつけください。

近隣地で建築工事がはじまっています

病院南側砂利駐車場のお隣で、建築工事が始まっています。

(ちなみに、当院とは無関係の建築工事です。)

隣接しているため、車の出入り等支障がでないよう

できるだけ配慮していただくようお願いはしてありますが、工事車両の出入りも予想され、ご来院の皆様にはご不便をおかけすることもあると思います。

砂利駐車場は、工事現場に近いので、ご来院の際は、病院正面駐車場(舗装してある駐車場)を優先してご利用ください。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

診療料金改定のおしらせ

いつもやませどうぶつ病院をご利用いただき、ありがとうございます。

当院では、現在の医療体制を維持し、よりよい獣医療をご提供できるよう努力してまいりましたが

止むを得ず4月1日より、一部診療料金を改定させていただくこととなりました。

 

飼い主の皆様には、ご負担をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。

スタッフ一同、今後も努力してまいりますので、諸般の事情をご推察の上

何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

犬用デンタルガム『オーラベット』

さまざまなトラブルの原因となる歯垢や歯石を沈着させないためには、日頃のケアが肝心です。
今回取り扱いを開始した犬用デンタルガム『オーラベット』は、噛むことによって歯垢や歯石の沈着をしっかりと抑え、口臭をブロックします。嗜好性もよく、スタートさせやすいのも魅力です。くわしくはオーラベット専用サイトで、ご確認いただけます。もちろん当院スタッフにも、お気軽にお問い合わせください。

 


投薬を助けてくれるトリーツ『ピルポケット』

薬を隠すことで簡単・確実な投薬を補助する、投薬補助トリーツ『ピルポケット』、入荷しました。

柔らかく、嗜好性のよいトリーツで、あらかじめ穴があいているので、お薬を簡単に包むことができます。

一度、お試しください。

犬・猫用の歯ブラシ

最近、デンタルケアに関心が高まっているようで、スケーリングに関する問い合わせも増えています。

一番いいのは、日頃からお手入れ。スケーリング後のきれいな状態をたもつのにも、お手入れは欠かせません。

デンタルケアの軸になるのは、『歯磨き』です。最初は、指にガーゼ等をまいたりしたものや綿棒等も利用できますが、できれば歯ブラシでのお手入れまでステップアップしたいところですね。

歯ブラシは、市販の歯ブラシなども利用できますが、なかなか形状や大きさ等しっくりくるのをみつけるのは至難の技。そこで、犬・猫用の歯ブラシ『ペリエイド デンタルブラシ』をご紹介します。

まず頭の部分が小さめのつくりになっていて、首の部分が適度に角度があり奥歯や歯の裏まで届きやすい設計です。ブラシは、極細毛とフラット毛の二段構造になっていて、歯と歯の間や、歯の表面部分の歯垢を除去しやすくなっています。

抗菌加工されているので、口腔内の細菌などが付着したブラシを衛生的に保つことができます。もちろん、洗って乾かすというお手入れはおこなってくださいね。

デンタルブラシには小さめの『デンタルブラシ ミニ』もあります。こちらは、頭がの部分がさらに小さく、柔らかい毛でできています。

持ち手が短く、手の中に収まる大きさです。


ビルバックさんのHPに、分かりやすいページがありましたので、リンク貼ってみました。一つ一つのステップは焦らずに、ゆっくり進めていきましょう。

エリザベスウエアのお取扱いを始めました。

手術後の傷口保護を目的に開発された機能性ウエア『エリザベスウエア』のお取扱いを開始しました。

伸縮性のある抗菌素材で、体にフィットするつくりになっています。着用したまま排泄ができるようになっており、飲食時も邪魔になりません。着たままお散歩も楽しめます。

術後は傷口保護のため、エリザベスカラーや、包帯をつかって簡易にカバーするなどしていますが、それぞれ一長一短があり、傷の位置や飼い主様のご希望等考慮の上、お選びいただける選択肢が一つ増えたとお考えいただければと思っています。

犬用(男の子用・女の子用)、猫用があり、サイズ展開が多くフィットするサイズをお選びいただくため採寸が必要です。(サイズによっては、お取り寄せとなります。)

避妊去勢等の手術時にオプション(別料金がかかります。)でお選びいただけます。もちろん手術時以外でも、ご希望があればご購入できます。ご希望の飼い主様はお気軽にお申し付けください。

*注)猫の去勢手術には、適しておりません。

狂犬病予防接種がはじまりました。

4月に入り、平成28年度狂犬病予防接種がはじまっています。

狂犬病予防接種と同時に、フィラリア予防薬を希望される飼い主様も多く特に、土曜日の午前中は混雑する傾向にあります。

(土曜日でも、夕方の外来時間はまだ余裕がある状況です。)

ご来院の際は、ご注意ください。

また、診察状況により、すぐに電話に出ることができない場合があります。

その場合は、申し訳ありませんが再度お電話をお願いします。

この時期は犬率高いです。

猫の飼い主様で戸惑われる方も、いらっしゃるかもしれません。

何かございましたら、お気軽にご相談ください。


当院では病院内での待ち時間を、できるだけ短くしたいと考え『先にお電話で順番取り』をしていただいております。しかし、診察状況によっては病院内でもお待たせする場合があります。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願い致します。