INFORMATION

熱中症にご注意ください

連日の猛暑で、報道では『命に関わることもある危険な暑さ』として、熱中症に厳重な警戒をするよう呼びかけられています。これは動物たちも一緒です。

実際、ここ数日熱中症が疑われる事例が、複数発生しています。

今までが大丈夫だったからと油断せず、今一度動物たちのいる環境を見直してみましょう。

 

室内でも熱中症は発生します。エアコンを活用しましょう。窓を開けて扇風機をかけても、十分な熱中症対策にならない場合が多いです。特にお留守番の時間が長い場合は気をつけて下さい。水分をしっかり取れるよう用意してあげましょう。

熱中症は猫でもおこります。暑さに強いという思い込みは危険です。

お外にいる場合、十分な日陰があるか、風通しはあるか、日中の温度の確認もしてみてください。お水はすぐにぬるくなってしまいます。こまめに変えてあげましょう。

高齢犬、肥満気味の犬、心臓疾患、気管支が弱いなど病気をもっている犬、短頭犬種は、特に注意が必要です。これを機会に室内で管理することも検討してみてください。

 

お散歩は、犬にとって大きな楽しみの一つではありますが、命を危険にさらしてまでするものでもありません。自分が裸足で歩くことを想像しながら実際にアスファルトに手を当てて暑さを確認してください。夕方でもかなり熱が残っています。犬は人より地面に近いところにいます。暑さもずっと感じています。

散歩のタイミングや、距離は状況に合わせて調整してください。

帰ってからは、水分をしっかりとって、体を冷やしてあげましょう。元気、食欲、呼吸の状態等のチェックも忘れずに。外での時間を十分取れない時は、オモチャを活用したり、一緒に遊ぶ時間を持ったりしてストレス解消のお手伝いをしてあげましょう。お水を怖がらない子なら、水遊びもよいと思います。

 

車を使っての移動の際は、クレート内の温度が上がらないよう、エアコン、保冷剤(中身を口にしないように注意。中毒を起こすものもあります。)等を利用しましょう。狭い空間は、油断すると温度がすぐ上がってしまいます。来院の際も十分注意してください。

また、たとえ少しの時間でも車内でのお留守番はさせないでください。

 

熱中症は、屋外、室内、車内でも発生しています。

どうか、どうか、ご注意ください。

飼い主さま、みつかりました

身元不明の猫さんですが、無事ご家族がみつかりました。

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。(7月18日)

 

6月10日(日)午前9時30分頃、大口町・兼房前のT字交差点付近で、交通事故にあった猫さんが保護されました。

高齢と思われますが、避妊手術、歯の処置を行った形跡があり、ちゃんとお家のある猫さんと思われます。心当たりのある方は、ぜひ情報をお願いいたします。

無事保護されました

情報提供をお願いしておりましたもも太くん、無事保護されました。

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

臨時休診のお知らせ

5月22日(火)午前のみ

都合により臨時休診をいただきます。

 

夕方の外来は通常通りです。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

今年もやります!ノミダニ対策応援キャンペーン!

 

まだまだ寒い日が続いていますが、

今年は、3月より『ノミダニ対策応援キャンペーン』はじまります!

キャンペーン対象商品は、『フロントライン』『ネクスガード』

それぞれ3個以上お買い上げに対して1個プレゼントします。

キャンペーンは、6月末日まで

 

ノミは、持ち込まないのが大原則。

体についているノミにギョッとして、あわてて駆除薬を使用しても

お家の中にに落ちてしまったノミの卵には効きません。

この卵がかなり厄介で、孵ったノミがまた体に寄生していまう悪循環に陥るため

1回の駆除薬の使用で、一掃することはできません。

なにより、住環境を同じくする人間にとっても公衆衛生上よくないことは、お分かり頂けると思います。

また、最近の報道で御存知の方も多いかと思いますが、マダ二が媒介する感染症も存在します。

ノミダニ対策は、動物を守ると同時に、人間を守ることにもつながります。

月一回、定期的な駆除薬の使用をおすすめするのは、そういった理由からです。

このキャンペーンを有効に活用いただき、しっかりノミダニ対策してくださいね。

 

*このキャンペーンは、当院をご利用いただいている飼い主様を対象としております。

あらかじめご了承ください。

江南市避妊等手術費補助金が廃止されました

これまで、江南市では犬猫の避妊去勢手術の費用を補助する制度がありましたが

平成30年3月31日(土)をもって、廃止されました。

ご不明な点は、江南市保健センターまでお問い合わせください。

江南市保健センター TEL0587−56−4111

 

エネルギーちゅ〜る

動物病院専用「CIAO エネルギーちゅ〜る」の取り扱いを開始しました。

 

「ちゅ〜る」といえば、猫さんの多くに支持されているヒット商品ですが

この「ちゅ〜る」に、動物病院専用のものがあるのです。

通常のものより、カロリーが約2倍。猫にはかかせない必須アミノ酸のタウリン配合

免疫活性を誘導する乳酸菌配合。抗疲労成分イミダゾールペプチドを強化してあります。

 

嗜好性の良さはそのままですので、食欲がなく、とにかく何か口にしてほしい時

また、お薬の投薬補助などにも利用できそうです。

まぐろ味と、とりささみ味の2種類で、1本(税別70円)からご購入いただけます。

受付脇に、置いてありますので、ご希望の方はお申し付けください。

ワクチン接種プログラムの見直しについて

この度当院では、WSAVA(世界小動物獣医師会)のガイドラインに基づいて、混合ワクチンの接種方法を見直すことといたしました。

これまで、一律1年毎の追加接種をおこなってまいりましたが、今後は、生活環境、健康状態、年齢、接種するワクチンの種類などを考慮し、追加接種の間隔を提案します。

子犬、子猫の時期に2〜3回ワクチン接種し、1年後に追加接種を1回実施するところまでは、これまでと同じですが、それ以降はワクチンの種類や生活環境によって、1年毎の追加接種をするか、3年毎の接種とするか、提案させていただきます。

抗体価検査にも対応しますので、必要に応じてご相談ください。

ペットホテルやトリミングショップによっては、1年以内のワクチン接種証明書の提示を義務付けていることがあると思います。その場合は、飼い主様自身でショップ側と話し合って、どのような接種方法を選択するかご検討ください。

当院として、ショップ側に対して、なんらかの働きかけをすることはいたしませんので、ご了承ください。

飼い主様のご希望があれば、これまで通り1年毎の接種もおこないます。

 

狂犬病ワクチンについては、狂犬病予防法により毎年接種することが義務づけられています。狂犬病ワクチンは毎年接種してください。

熱中症にご注意ください

湿度と暑さが増してきて、人、動物ともに

なかなかつらい季節となってきています。

ちょうど昨日、スタッフブログでも熱中症についての記事を更新したところでした。

 

実は、昨日だけで熱中症とおもわれる事例が複数件あり、今一度熱中症に関してまとめておこうと思いました。

どうか他人事と思わず一通り目を通していただき、この夏を事故なく過ごせるようちょっと気にかけてください。

 

  • どんなに短時間であっても、車内でのお留守番はさせない。
  • 室内でも熱中症は発生します。状況により冷房なども活用してください。特に閉鎖された空間でのお留守番は場所の移動ができませんので、一度室温が上昇すると逃げ場がありません。室温管理の意識を持ちましょう。
  • 犬のお散歩は、外気温、日差しの強さの他、地面の暑さもチェックして、暑い時間帯のお散歩はやめましょう。特に夕方の地面は1日の熱が蓄積されて、人が考える以上に熱くなっています。老犬や小型犬、短頭犬種などの場合、短時間のお散歩で熱中症になる場合もあります。必ず実際に地面をさわるなどして、温度のチェックをしてください。

また、お水はいつでも飲めるように多めに用意しておきましょう。比較的暑さに強いといわれている猫でも、注意は必要です。

どうか、どうかお気をつけください。

近隣地で建築工事がはじまっています

病院南側砂利駐車場のお隣で、建築工事が始まっています。

(ちなみに、当院とは無関係の建築工事です。)

隣接しているため、車の出入り等支障がでないよう

できるだけ配慮していただくようお願いはしてありますが、工事車両の出入りも予想され、ご来院の皆様にはご不便をおかけすることもあると思います。

砂利駐車場は、工事現場に近いので、ご来院の際は、病院正面駐車場(舗装してある駐車場)を優先してご利用ください。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。